[WINSTAR CAD シリーズ]、[WINSTAR CAM シリーズ]、[WINSTAR PCB(通常版)]は、以下の理由からプロテクタを装着した状態でご使用いただきます。

1.不正コピーによる複数システム運用の防止
2.正規ユーザー様におけるシステム増設時の便宜

プロテクタを装着しないで起動した場合は、「プロテクタを接続してください。」という警告メッセージが表示され、先にすすむことができません。


プロテクタは製品1個につき1個添付されています。
複数のシステムの中の任意の1台で運用することは自由にできますが、同時に2つのシステムで運用することはできません。

[WINSTAR CAD Ver.13]、[WINSTAR CAM Ver.12]を複数のシステムのもとで運用したい場合は、別にご案内してある増設パックをご購入いただくことにより可能となります。

動作環境について

現在、発売中の[WINSTAR CAD Ver.13]、[WINSTAR CAM Ver.12]、[WINSTAR PCB(通常版)]に標準で添付されているのは、USBタイプのプロテクタです。

『備 考』
USBプロテクタは、コンピューター本体のUSBポート1個を占有します。ポートが不足している場合は、別途「USBハブ」をご用意いただきご使用下さい。
「USBハブ」に接続しても正常にご使用いただけます。

注意

USBタイプのプロテクタはコンピュータ本体、ご使用のOSによっては動作いたしません。
以下の動作環境をあらかじめご確認ください。

動作可能なシステム
コンピュータ :DOS/V互換機
OS : Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP

USBプロテクタの接続についての注意

USBプロテクタの接続は必ず[WINSTAR CAD Ver.13]、[WINSTAR CAM Ver.12]、[WINSTAR PCB(通常版)]のインストールが完了してからコンピュータに接続して下さい。
インストール完了前にプロテクタを接続されますと、USBプロテクタのドライバが正しくセットアップされません。

プロテクタが認識されない場合

正常にインストールされ、所定の箇所にプロテクタが装着されているにもかかわらず、プロテクタが認識されず先にすすめない場合で、以下のケースに該当する場合は、それぞれに示す処置を行なってください。

【プロテクタが破損している場合】
ご購入直後で、輸送等の原因でプロテクタが明らかに破損しているような場合は、無償で交換させていただきます。

【プロテクタの装着位置、装着状態が正しくない場合】
装着位置、装着状態をあらためてご確認ください。

【その他の場合】
上記のいずれにも該当しない場合は、詳しい状況と併せて弊社の方にご連絡ください。

プロテクタの管理について

プロテクタはソフトウェアと一体のものですから、紛失したり盗難等に遭わないように十分な管理を行なってください。
万が一紛失した場合は、別にご案内してある増設パックを新たにご購入いただくことになってしまいます。
異なる場所やシステムのもとで入・出力作業を行なう場合は、その都度プロテクタを外して持ち込むことが必要ですが、増設パックをご購入いただくと、その都度プロテクタを持ち歩く必要がなくなります。

その他

プロテクタが破損した場合は弊社の方までご連絡ください。破損の状況により無償、または有償で交換させていただきます。
他のアプリケーションをご使用になる場合でも特にプロテクタを外していただく必要はありませんが、万が一プロテクタに起因する問題が発生した場合は、お手数でもプロテクタを外した状態でご使用ください。

[WINSTAR CAD Ver.1~Ver.5]、[WINSTAR CAM]について

[WINSTAR CAD Ver.1~Ver.5]、[WINSTAR CAM]につきましてはセントロタイプのプロテクタのみの対応となりますので、セントロニクス準拠のパラレルポートを搭載したコンピュータでのみ動作可能となります。(USBプロテクタへの交換サービスは行っておりませんのでご注意下さい。)