● WINSTAR CAD Ver.13 発売について

平素は弊社製品をご利用頂きありがとうございます。
この度、平成29年4月11日に[WINSTAR CAD Ver.13]を発売することに決定いたしました。


● WINSTAR CAD Ver.13 バージョンアップ内容について
・ Windows10対応を強化
・ 従来とは異なる文字形状の英数文字を持つWINSTAR CAD独自のストロークフォントの追加
・ ストロークフォントの作成と使い分け機能の追加
・ 中国語簡体字、中国語繁体字、韓国語、日本語ユニコード対応のOpenTypeフォントを添付
・ 標準ストロークフォントの縦書き対応
・ DXF、DWG変換精度を強化
・ 複写、移動機能に対象要素を複数回にわたって指定できるコマンドを追加
      複数指定複写 : 複写対象要素を複数回にわたって指定可能
      複数指定移動 : 移動対象要素を複数回にわたって指定可能
・ 編集メニューに対象要素を複数回にわたって指定できるコマンドを追加
      マルチムーブ : 複写対象要素を複数回にわたって指定し仮表示をしながら移動
      マルチコピー : 移動対象要素を複数回にわたって指定し仮表示をしながら複写
・ 図面間複写、図面間移動専用のコマンドを追加
      図面間複写元指定 : 一回の範囲指定で対象要素を指定する方法
      図面間複写元複数指定 : 対象要素の指定を複数回にわたって指定する方法
      図面間移動元指定 : 一回の範囲指定で対象要素を指定する方法
      図面間移動元複数指定 : 対象要素の指定を複数回にわたって指定する方法
      図面間データセット(実寸) : 元図形のサイズはそのままで実寸でセット
      図面間データセット(縮尺) : 異縮尺図面でも見た目が同じになるように拡大縮小してセット
      図面間データセット(用紙) : 異なる用紙サイズ間でも見た目が同じになるように拡大縮小してセット
・ 図面中の線分と、画像やペイントの上下関係を変更する機能を追加
      画像を奥に移動 : 画像やペイント図形を奥に移動し他の要素を重ねた状態に変更
      画像を手前に移動 : 画像やペイント図形を手前に移動し他の要素の上に重ねた状態に変更
・ 部分詳細図のために部分的に図形を切り出す機能を追加
      拡大詳細図 : 拡大詳細図を円形に切り出す機能
・ 寸法数値の半角対応
・ 寸法線コマンドの追加
      2点の指定寸法線 : 2点間の指定による寸法線
      2要素間隔寸法線 : 平行線、または同心円の間隔寸法線
・ その他の機能強化や追加
   文字入力時のIME自動起動のON/OFF指定対応
      文字一括編集 : 英数文字を全角に一括変換する機能の追加
・ 画面描画速度のスピードアップ

※ 掲載の内容は、2017年3月現在の開発中の内容です。
※ 掲載の内容は、予告なく変更させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。